コトノバ

【iPhone】Safariに表示される広告を非表示にしてくれるコンテンツブロッカーの使い方

【iPhone】Safariに表示される広告を非表示にしてくれるコンテンツブロッカーの使い方

iOS9ではSafariからコンテンツブロッカーという機能が搭載され、拡張機能を追加することでウェブサイトの広告を非表示にすることが可能となりました。しかし、コンテンツブロッカーにする設定はどこにもなく戸惑っている人も多いかと思います。そこで今回は「Cystal」と「1Blocker」を使って、ウェブサイトの広告を非表示にする方法を紹介します。

スイッチひとつで広告をブロックできる「Crystal」

Crystal – Block Ads, Browse Faster.
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥120(2015/09/23 12:02時点)

アプリをインストールすると「設定」>「Safari」に「コンテンツブロッカー」という項目が追加されるので、「Crystal」をオンにします。

コンテンツブロッカー

広告の表示・非表示を細かく設定できる「1Blocker」

1Blocker – Block ads, tracking scripts, anything
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料(2015/09/23 12:02時点)

「1Blocker」の場合、一度アプリを起動してスイッチをオンにしたのち、「設定」>「Safari」>「コンテンツブロッカー」にある「1Blocker」をオンにします。

1Blocker

「Customize」メニューの「Block Ads」では個別に表示する広告を設定することも可能です。

Customize

「Crystal」の開発者によるとアプリを有効化した場合、データ通信量は53%削減され、ページの読み込み速度は平均して3〜9倍も高速化されたという調査結果も出ているようです。広告を非表示にして快適にブラウジングしたいという人は利用してみてはいかがでしょうか。

Crystal – Block Ads, Browse Faster.
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥120(2015/09/23 12:02時点)
1Blocker – Block ads, tracking scripts, anything
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料(2015/09/23 12:02時点)