コトノバ

iPhoneの電話アプリで使える便利ワザ&小ワザ5選

iPhoneの電話アプリで使える便利ワザ&小ワザ5選

iPhoneには意外と知らなかった隠れ機能がたくさん存在します。今回は電話アプリで使える裏ワザやテクニックをピックアップして紹介しますので、気になるものはすぐに覚えてiPhoneをもっと便利に操作しましょう。

1. 留守番電話サービスに瞬時にコールする

キーパッドを表示した状態で「1」を長押しすると留守番電話サービスに電話をかけることができます。

キーパッド

2. リダイアル機能を使う

番号入力蘭が空欄の状態で「通話ボタン」をタップすると、最後にかけた電話番号が表示されるので、そのままもう一度「通話ボタン」をタップすることでその番号にかけることができます。ただし、このリダイレクト機能はキーパッドで直接入力した電話番号のみ対応します。

キーパッド

3. 電話に出れないときにメッセージで返信する

着信画面の「メッセージ」ボタンをタップするとプリセットされた定型文を送ることができます。定型文は「設定」>「電話」>「テキストメッセージで返信」で編集できるので必要に応じて設定しておきましょう。

テキストメッセージで返信

4. 着信時のバイブレーションをオリジナルにする

着信時のバイブレーションはカスタムすることができます。「設定」>「サウンド」>「着信音」>「バイブレーション」>「新規バイブレーションを作成」をタップするとバイブレーションの記録画面が表示され、タップしたタイミングでバイブレーションが記録されます。

新規バイブレーションを作成

5. 着信を素早く留守番電話サービスに転送する

今ちょっと電話に出られないというときはスリープボタンが役立ちます。1回押すと着信音とバイブレーションがミュートされ、2回押すと留守番電話サービスに転送されます。

スリープボタン

いかがでしたでしょうか。以上、iPhoneの電話アプリで使える便利ワザ&小ワザ5選でした。気になる便利ワザや小ワザはすぐに覚えて快適にiPhoneを操作しましょう。