コトノバ

【Mac / Windows】iPhoneの不要なバックアップデータを削除してパソコンの空き容量を確保する方法

【Mac / Windows】iPhoneの不要なバックアップデータを削除してパソコンの空き容量を確保する方法

iPhoneが壊れてしまった!というときなどに便利なバックアップ。パソコンにiPhoneのバックアップデータがあれば、新しいiPhoneに接続するだけで、データを復元することができます。しかし、実際にバックアップデータを確認してみると、気づかぬうちに複数のバックアップデータや古いiPhoneのデータがそのまま保存されていたり、パソコンの容量を圧迫していることもあります。そこで、今回は、不要なバックアップデータを整理し、パソコンの容量を増やす方法を紹介します。

iPhoneのバックアップデータはiTunesの「環境設定」>「デバイス」から確認・削除することができます。バックアップデータを削除するには、削除したいデータを選択して、「バックアップを削除」を選択します。

デバイス環境設定

なお、実際にパソコンに保存されているバックアップデータは、以下の場所で確認することができます。

バックアップデータ保存場所

  • Mac:~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/
  • Windows Vista、Windows 7 および Windows 8:¥ユーザー¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

※ Macの場合、「iTunes」>「環境設定」>「デバイス」より確認したいバックアップデータを右クリックし、「Finderで表示」でも確認することができます。

フォルダメニューの「情報を見る」で確認すると、バックアップデータは少ないものでも1GB近く、多いものでは、数十GBも容量を占めています。不要のものは、先述した方法で「バックアップを削除」を実行しましょう。

Backupの情報

iPhoneのバックアップデータは、気づかぬうちにパソコンの容量を圧迫しますので、一度、確認すると良いかと思います。また、バックアップデータを削除するのが不安という場合は、Backupフォルダ内のファイルを外付けのHDDやUSBメモリなどにデータを移動させると良いかと思います。