コトノバ

閉鎖&削除されたしまったWEBサイトを過去ログから閲覧できるWebサービス『Internet Archive』

閉鎖&削除されたしまったWEBサイトを過去ログから閲覧できるWebサービス『Internet Archive』

Webサイトは次々と新しいものが登場する一方で、次々と閉鎖されていきます。そんな中、消えていくWebサイトの過去ログを残すことを目的に作られたのが「Internet Archive」というWebサービスです。今は存在しないサイトやページのURLを入力して検索を実行すると「Internet Archive」が収集した過去ログから、そのページが存在したときの記事を閲覧することができます。

閉鎖/削除されたしまったWEBサイトを閲覧する方法

Internet Archive」のサイトにアクセスしたら、入力欄にURLを入力して「BROWSE HISTORY」をクリックします。※「Wayback Machine doesn’t have that page archived.」と表示された場合、アーカイブが残っていないということで残念ながら見ることはできません。

Internet Archive

過去ログが残っている場合、「Internet Archive」が収集した過去ログがカレンダー形式で表示されるので「年」を指定してから「日付」を選択し、時刻で表示されるリンクをクリックしましょう。

例えば、1999年4月27日のYahoo!JAPANを表示させたい場合、「1999」を選択し、カレンダーの「4月27日」をクリックします。

過去ログ

すると通常では見られないページが表示されます。削除されたページも同様に表示され、データが残っていれば、リンク先のページを閲覧することも可能です。

過去のページ

「Internet Archive」を使えば、昔のWebサイトを楽しむだけでなく、削除されてしまった動画や画像をゲットしたり、使い方次第でコンテンツの収集に役立ちます。すべてのページを表示できるわけではありませんが、大抵のページはヒットしますのでぜひ、お試しください。