コトノバ

【Mac】スクリーンショットのファイル形式や保存先を変更する方法

【Mac】スクリーンショットのファイル形式や保存先を変更する方法

Macにはスクリーンショット機能があり、ショートカットキーを使うことで画面全体や一部、任意のウインドウなどをキャプチャ撮影することができます。便利な機能ですが、保存場所の指定ができないため、スクリーンショットをたくさん撮ると、デスクトップがゴチャゴチャしてしまいます。そんなときに便利なTIPSを紹介します。

スクリーンショットの使い方

画面全体を保存 +shift+3
画面の一部を保存 +shift+4
ウインドウを保存(影あり) +shift+4+スペース+クリック
ウインドウを保存(影なし) +shift+4+スペース+ を押しながら クリック

スクリーンショットの保存先を変更する場合

スクリーンショットの保存場所は残念ながら「システム環境設定」などで行えないため、ターミナルを利用します。※以下、デスクトップに作成したScreenshotsを保存場所にする場合

defaults write com.apple.screencapture location ~/Desktop/Screenshots

を入力し、enter

killall SystemUIServer

を入力し、enterを押します。保存場所をピクチャにする場合は、~/Desktop/Screenshots の部分を ~/ピクチャ へ変更します。

スクリーンショットの保存先を元に戻す場合

defaults delete com.apple.screencapture location

を入力し、enter

killall SystemUIServer

を入力し、enterを押します。

スクリーンショットの保存形式を変更する場合

初期設定ではpng形式で保存されますが、jpgやbmp、gif形式などに変更することができます。変更する場合、以下のコマンドをターミナルに入力します。※以下、保存形式をjpgにする場合

defaults write com.apple.screencapture type jpg

を入力し、enter

killall SystemUIServer

を入力し、enterを押します。jpgの部分をbmp、gif、pdf、psdなどに変更することができます。

スクリーンショットの保存形式を元に戻す場合

defaults delete com.apple.screencapture type

を入力し、enter

killall SystemUIServer

を入力し、enterを押します。

以上、スクリーンショットのファイル形式や保存先を変更する方法でした。紹介した設定を活用すれば、効率良くスクリーンショットを撮ることができます。