コトノバ

Gmailで誤って送信してしまったメールを取り消す方法

Gmailで誤って送信してしまったメールを取り消す方法

送り先を間違えたり、添付ファイルのつけ忘れなどメールを送信した瞬間にあ!メール間違えたーと気づくことがあります。そんなときに便利なのがGmailの送信取り消し機能。本機能を有効にしておけばメール送信後、30秒以内に取り消しボタンをクリックすれば、送信を取り消すことができます。

Gmailで誤って送信してしまったメールを取り消す方法

まず、Gmailを開き「」>「設定」の順にクリックし「全般」タブを開きます。画面を下方向にスクロールすると「送信取り消し」という項目があるので「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れ、取り消せる時間を5〜30秒から選択したのち「変更を保存」をクリックします。

送信取り消し機能を有効にする

メールを取り消す場合は、メール送信後に表示される「メッセージを送信しました。取消 メッセージを表示」というメッセージの「取消」をクリックします。※ 設定した取り消せる時間を過ぎると取り消しは不可能となるので注意しましょう。

メールを取り消す

メールの難点は送ってからミスに気づいても失敗を取り戻せないということです。Gmailを利用している人は宛先や内容、作成途中で誤って送信などのトラブルを防ぐためにも「送信取り消し機能」を有効にしておくと安心かと思います。