コトノバ

iPhoneを紛失したときに不正利用されないよう遠隔操作でロックする方法

iPhoneを紛失したときに不正利用されないよう遠隔操作でロックする方法

iPhoneには友人の連絡先やプライベート写真、クレジットカード情報といった大切な個人情報が多く含まれるため、うっかり置き忘れたときに、第三者に個人情報が渡らないようしっかり対策をしておきたいもの。パスコードや指紋認証に加えて「iPhoneを探す」を有効にして、紛失や盗難時に遠隔操作できるようしておきましょう。

パソコンのブラウザからiPhoneを遠隔操作する

紛失や盗難に備えるために、まずはホーム画面から「設定」>「iCloud」と進み「iPhoneを探す」をオンにします。このとき、バッテリー残量が少ないときに、位置情報をAppleに送信してくれる「最後の位置情報を送信」もオンにしておくと安心です。

iPhoneを探す設定

iPhoneの現在地を探したり、遠隔操作するには、パソコンのブラウザでiCloudにアクセス。Apple IDでサインインして「iPhoneを探す」をクリックします。

iPhoneを探す

地図上にiPhoneの現在地が表示され、クリックするとロックやデータ消去などの対処ができます。

現在の位置

iPhoneの遠隔操作メニューには、サウンド再生、紛失モード、iPhoneの消去の3つがあり、iPhoneをロックしたい場合は、紛失モードを選択しましょう。

遠隔操作メニュー

「iPhoneを探す」を使えば、iPhoneの現在地を調べたり、遠隔でロックするなどの対処がおこなえます。置き忘れや盗難時に備えてしっかり対策しておきましょう。