コトノバ

【Mac】圧縮ファイルを解凍する時に元のファイルを自動的に削除する方法

【Mac】圧縮ファイルを解凍する時に元のファイルを自動的に削除する方法

圧縮ファイルの中身を解凍すれば、元の圧縮ファイルは不要になります。Macに標準で搭載されている「アーカイブユーティリティ」の設定を変更すれば、解凍後に解凍前の圧縮ファイルを自動的に削除することができます。

圧縮ファイルの解凍時に元のファイルを自動的に削除する方法

Macの起動ディスクを開き、「システム」>「ライブラリ」>「CoreServices」>「Applications」にある「アーカイブユーティリティ」の本体ファイルを起動します。

アーカイブユーティリティ

続けてメニューバーで「アカーイブユーティリティ」>「環境設定」の順にクリックして設定画面を開きましょう。

環境設定

解凍したあとの動作を「展開後」で圧縮したあとの動作を「アーカイブ後」で指定することができます。「展開後」の設定を「アーカイブを削除」にすれば解凍したときに元のファイルは自動的に削除されます。

アーカイブユーティリティ環境設定

圧縮ファイルを解凍したあとに元のファイルを削除するのが面倒な人という人は設定しておくと便利です。削除するだけでなく「ゴミ箱に入れる」だけにすることもできるので、好みに合わせて設定を変更しましょう。