コトノバ

眩しくない!iPhoneの画面を瞬時に最低レベルより暗くする裏ワザ

眩しくない!iPhoneの画面を瞬時に最低レベルより暗くする裏ワザ

就寝前などの暗がりでiPhoneを触っていると、画面の明るさを一番暗くしているのに眩しく感じることがあります。そんなときに便利なのが今回紹介する便利ワザ。この方法を使えば、iPhoneの画面を瞬時に最低レベルより暗くすることができるので、画面が明るくて目が痛い…なんてこともなくなります。

iPhoneの画面を最低照度よりも暗くする

「設定」を開き、画面上部の検索窓に「ディスプレイ」と入力し、「ディスプレイ調整」をタップします。

ディスプレイ調整

次に「ホワイトポイントを下げる」を「オン」にして、スライダーを左右に動かして明るさのレベルを設定します。スライダーを右に動かすごとに画面は暗くなります。

ホワイトポイントを下げる

ホワイトポイントの設定が終わったら、再び「設定」に戻ります。今度は検索窓に「ショートカット」と入力し、「ショートカット」をタップしましょう。

ショートカット

最後にショートカットメニューで「ホワイトポイントを下げる」にチェックを入れれば、設定は完了です。

ショートカット

設定が終わったら、ホームボタンをトリプルクリック(三回連続で押す)してみましょう。画面の明るさが通常の最低照度よりも暗くなるはずです。

画面サンプル

暗い部屋で明るい画面を見続けると、目が冴えてしまい、眠れなくなってしまうことも。画面の明るさを一番、暗くしているにもかかわらず、眩しいと感じる人はぜひ、お試しください。