コトノバ

【Mac】スリープ解除時のパスワード入力を無効にする方法

【Mac】スリープ解除時のパスワード入力を無効にする方法

Macのデフォルトの設定ではスリープを解除するためにパスワードの入力が必要になります。カフェなどの人が多い場所で離席する際などは良いですが、自宅などでMacを使う場合、毎回のパスワード入力が煩わしいと感じる人は多いかと思います。そんなときは、システム環境設定で、パスワード要求までの時間を調整したり、パスワード要求を無効化しましょう。

スリープ解除時のパスワード入力を無効にする方法

「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「一般」にアクセスし、「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」のチェックを外します。

セキュリティとプライバシー

すると、確認ウインドウが表示されますので、「画面のロックを切にする」をクリックします。

画面のロックを切にする

iCloud キーチェーンをオンにしている場合、保存されているパスワードの対応について確認してきますので、「キーチェーンの使用を継続」をクリックします。

キーチェーンの使用を継続

これで、スリープ解除時にパスワード入力を要求されなくなります。パスワード保護が全くなくなるのは不安という場合は、パスワードを要求するまでの時間を変更しましょう。

「4時間後に」を選択すれば、スリープしてから4時間経過後、パスワードを要求するようになります。

パスワードを要求するまでの時間を変更

スリープを解除するのに毎回、パスワードを入力するのが面倒という人は設定を見直しましょう。パスワードを無効化しなくてもパスワード要求までの時間を調整することで、煩わしさは軽減されるかと思います。