コトノバ

MacBookのバッテリー寿命と健康状態を確認する方法

MacBookのバッテリー寿命と健康状態を確認する方法

Appleでは、MacBookなどのバッテリーに充電回数の上限を定めており、上限を超えた場合、バッテリーの交換を推奨しています。バッテリーの駆動時間が短くなったと感じる人は、一度、バッテリーの健康状態や寿命を確認しておくと良いかと思います。

1. バッテリーの状態を確認する方法

バッテリーの状態を確認するには、 キーを押しながら、ステータスバーのバッテリーアイコンをクリックします。

バッテリーの状態を確認する方法

バッテリーの状態は下表の4つのステータスで表されます。

正常 バッテリーは正常に機能している状態
間もなく交換 まだ正常に機能しているが、充電可能量が少なくなっている状態
今すぐ交換 バッテリーを修理する必要がある状態
バッテリーの交換修理 バッテリーを修理する必要がある状態

2. バッテリーの寿命を確認する方法

まず、「 」>「このMacについて」>「システムレポート」の順にクリックし、システムレポートを開きます。

システムレポート

次にシステムレポートの中にある「ハードウェア」>「電源」をクリックします。すると、下図のように現在の充電回数を確認することができます。

バッテリーの充電回数

なお、2010年以降のMacBook Air、2009年以降のMacBook Pro であれば、充電回数の上限は1000回になります。したがって、バッテリーの充電回数が1000回に近い場合は、そろそろ交換や修理の時期ということになります。

MacBookを長く使っているとバッテリーが劣化するのは自然なことですが、バッテリー駆動時間が極端に短い場合は、バッテリー交換や修理検討の目安としてバッテリーの健康状態を調べてみるのも良いかと思います。

Reference : Apple