コトノバ

解約方法がわかりづらい!楽天銀行デビットカードを解約する方法

解約方法がわかりづらい!楽天銀行デビットカードを解約する方法

利用の有無に関わらず持っているだけでお金のかかる楽天銀行デビットカード。ゴールドの場合3,086円(税込)、一般の場合1,029円(税込)が毎年、自動引落されます。デビット機能を使ってないのであれば、解約して通常のキャッシュカード(年会費無料)に切り替えましょう。

楽天銀行デビットカードを解約する方法

まず、楽天銀行にログインし、メニューの「カード・ATM」をクリックします。すると、お手持ちのカードが表示されますので、「盗難・紛失の場合」をクリックします。※ 解約ページは存在しませんので、解約=盗難・紛失となります。

盗難・紛失の場合

下図のようなページが表示されますので、カード名称に「チェック」入れて、「お手続き開始」をクリックします。

お手続き開始

次に、状況、発生場所、発生日時、警察への届出、連絡先を入力する画面が表示されますので、すべて入力し、次へ進みます。

入力画面

確認画面が表示されますので、問題なければ最後に4ケタの暗証番号を入力し、実行をクリックします。

確認画面

手続きは以上です。楽天銀行から「楽天銀行デビットカードを利用停止しました」というメールが届けば、楽天銀行デビットカードの解約は完了です。

※ デビット機能のないキャッシュカード(年会費無料)を作る場合は、メニューの「カード・ATM」から申し込みます。

毎年、年会費を支払うのは勿体無いので、デビット機能を利用する機会がないのであれば、思い切って解約するもの良いでしょう。また、ジャパンネット銀行やスルガ銀行など年会費無料のデビットカードもありますので、年会費を節約したい場合は、そういったサービスを利用するのも良いかと思います。