コトノバ

iPhoneで通話中に自分の声が聞き取りづらいと言われたときの対処法

iPhoneで通話中に自分の声が聞き取りづらいと言われたときの対処法

iPhoneで通話中にキャリアの電波は良好なのに相手から声が聞き取りづらいと言われる。こちらも普通に話しているだけなのに困ったものです。今回はそんなときの対処法を紹介します。

1. マイクに異常がないか確認する

iPhoneのマイク自体に問題がある可能性もありますので、ボイスメモアプリを起動してマイクのテストをおこないましょう。マイクに向かって話して録音した声がはっきり聞こえるかを確認します。

ボイスメモ

2. 背面マイクを塞いでないか確認する

背面には周囲の余計な雑音をカットしてくれるノイズキャンセル用のマイクがカメラの横にあります。通話中に指やケースなどで塞いでしまうとノイズが多く発生したり、送話音量が小さくなってしまします。

背面マイク

3. 底面マイクを塞いでないか確認する

底面マイクはイヤホンジャックの横にあり、ノイズキャンセルマイク同様に塞いでしまうと相手に届く声が小さくなってしまいます。マイクの部分が目詰まりしている場合はゴミやホコリを取り除きましょう。

下面マイク

4. マイクに問題がない場合は再起動

マイクに問題がない場合は、ソフトウェアが原因かもしれませんので、以下の手順でiPhoneを再起動しましょう。

  1. スリープボタンを電源スライダが表示されるまで押し続けます
  2. スライダをドラックして電源を切ります
  3. 電源がオフになったら、Apple ロゴが表示されるまでスリープボタンを再び押したままにします

再起動

再起動しても解消されない場合はApple サポートに連絡しましょう。

おまけ

逆に相手の声が聞き取りずらいという場合は真っ先に受話音量を疑いましょう。iPhoneの受話音量は通話中のみ変更可能となっているため、キーパット画面でボリュームを上げても着信音量しか大きくなりません。

キーパット画面

留守番電話機能などを呼び出して受話音量を調整すると良いでしょう。

受話音量

iPhoneで通話中に「声が小さい」「声が聞き取りにくい」と言われた人は大抵、ノイズキャンセル用のマイクを指やケースで塞いでしまっていることが多いです。また、一般に販売されているiPhoneケースにはこのノイズキャンセル用のマイク穴を塞いでしまうものもあるので選ぶ際には注意しましょう。