コトノバ

iOS9.3の「Night Shift」でブルーライトをカットする

iOS9.3の「Night Shift」でブルーライトをカットする

iOS9.3では視神経を刺激してしまうブルーライトを軽減する「Night Shift」という新機能が搭載されました。これは、夜間にiPhoneを操作するときに目に優しい暖色系の色合いに画面を切り替える機能で、目に対する刺激を抑えてくれます。

「Night Shift」をオンにする

「設定」>「画面表示の明るさ」の順に進み「Night Shift」をタップします。

画面表示の明るさ

「時間指定」をオンにして、Night Shiftモードに移行する時間を設定します。ここでは画面の色温度も調整可能です。スライダーを「暖かく」の方に移動すると、温かみのある色になり、ブルーライトのカット率が高まります。

Night Shift

これで指定した開始時間になると、自動的に画面の色温度が変化し、目に優しい暖色系の色になります。

Night Shiftモード

「Night Shift」は「コントロールセンター」から設定することもでき、ボタンをタップするだけで即座にオン・オフを切り替えられます。

コントロールセンター

「Night Shift」を使えば、視覚からの刺激を抑えて眠りにつきやすくしてくれます。毎晩ベットでiPhoneを使うのが習慣になって、寝付きが悪くなってしまったという人はぜひ、利用しましょう。なお、Night Shiftモードが使えるのはA7チップ搭載端末のみ。残念ながらiPhone5以前のモデルやiPad 4以前、iPod touch 4以前のモデルには対応していないので注意しましょう。