コトノバ

【Windows 8.1】Windows 7以前のスタートボタン&スタートメニューを取り戻す方法

【Windows 8.1】Windows 7以前のスタートボタン&スタートメニューを取り戻す方法

Windows8.1は、デスクトップとタブレットという用途を視野に入れているため、操作体型の一部が不便な設計になっています。その中のひとつがスタートボタンです。かつての利便性は失われ、スタート画面とデスクトップの切り替えスイッチのようになっています。Windows7以前のスタートボタンを取り戻したい場合は「かんたんスタートBOX」を活用しましょう。

かんたんスタートBOXの使い方

かんたんスタートBOX」のインストールが完了すると、スタートボタンのアイコンが若干小さくなります。スタートボタンをクリックするとかんたんスタートBOX版のスタートメニューが表示されます。

かんたんスタートBOX

メニューにアプリケーションを追加する

」マークをクリックすると、右側にアプリの一覧が表示されるので、追加したいアプリの右側にある「」をクリックします。

メニューにアプリケーションを追加する

従来のスタート画面を表示する

かんたんスタートBOXが起動しているとスタートボタンを押しても従来のスタート画面に切り替わりません。スタート画面を表示したい場合はスタートボタンの真上にあるアイコンをクリックしましょう。

従来のスタート画面を表示する

スタートメニューのスタイルを変更する

右上にある「」をクリックするとスタートメニューのスタイルやショートカットキーなどを設定することができます。「全般」>「スタートメニューのスタイル」からWindows XP風の外観に変更することもできます。

Windows XP風のスタイル

Windows7以前のスタートメニューを使いこなしていた人なら、かんたんスタートBOXを導入することによって作業効率が向上すること間違いなしです。また、Windows8.1のスタートボタンをアプリランチャーのような使い方をしたい人にもおすすめです。