コトノバ

【Mac】フリーズしたアプリが強制終了できない場合の対処法

【Mac】フリーズしたアプリが強制終了できない場合の対処法

アプリがフリーズしたときの対処法として利用する強制終了ですが、OS X Yosemiteでは稀にアプリを強制終了してもDockアイコンの下に表示されるインジケータが消えずうまく終了してくれない不具合があります。Macを再起動しようにもアプリが残っていると誤認識されてログアウトもできない!そんなときはアクティビティモニタを使って強制ログアウトを行いましょう。

フリーズしたアプリが強制終了できない場合の対処法

通常、アプリが応答しない場合は ++esc やDockアイコン上で右クリックして「強制終了」させますが、どうしても終了できない場合はアクティビティモニタアプリを開きましょう。

1

次にアクティビティモニタの「CPU」タブを開き、「WindowServer」というプロセスを探し、ウインドウ右上の「プロセス強制終了」ボタンをクリックします。「WindowServer」とは画面を描画する時に実行されるプロセスでこれを終了させることで強制的にログアウトすることができます。

2

すると確認メッセージが表示されるので、そのまま「強制終了」を選択しましょう。あとは強制的にログアウトされるのを待つだけです。

3

ほとんどの場合は通常の「強制終了」で解決できますが、稀にアプリを何度、強制終了してもDockに残ってしまう場合があります。Macのシステム終了や再起動がうまく動作しないときは紹介した方法を使って強制的にログアウトしましょう。なお、頻繁にこのような不具合が出る場合はApple サポートに相談するのも良いでしょう。