コトノバ

DropboxにあるExcelファイルをブラウザやアプリ上で直接編集する方法

DropboxにあるExcelファイルをブラウザやアプリ上で直接編集する方法

Dropboxに保存しているExcelファイルは通常、閲覧しかできませんが、Microsoft Officeと連携させることでブラウザやアプリ上から編集/上書き保存が可能となります。この機能はMicrosoft アカウントを持っていれば誰でも無料で利用できるので、紹介する手順を参考にいつでも使えるように設定しておくと良いでしょう。

Excelファイルをブラウザ上で編集する

ブラウザで「Dropbox」にログインし、編集したいExcelファイルを開くと、プレビュー画面が表示されるので右上の「開く」の右横にある「」をクリックして「Microsoft Excel Online」を選択します。

Dropbox

「Microsoft Office Online」と「Dropbox」の連携画面が表示されるので「許可」をクリックしましょう。

アプリの連携

プレビュー画面から「Microsoft Excel Online」に遷移し、ファイルの編集が可能となります。編集が終わったら「保存してDropboxに戻る」をクリックすれば上書き保存されます。

Microsoft Excel Online

Excelファイルをアプリ上で編集する

iPhoneやiPadなどのアプリ上で直接編集をおこなう場合、最新の「Dropbox」と「Microsoft Excel」をインストールする必要があります。インストールがまだという人は以下のリンクからインストールしておきましょう。

Dropbox

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(2015/06/25 19:01時点)
Microsoft Excel

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(2015/06/25 19:00時点)

Dropboxで編集したいExcelファイルを開き、画面右下に「編集」ボタンをタップします。※「Microsoft Excel」がインストールされてないと「編集」ボタンは表示されません。

編集

続けて「次のアプリで開く…」にある「Microsoft Excel」をタップします。

Microsoft Excel

「Microsoft Excel」と「Dropbox」のアプリ連携画面が表示されるので「許可」をタップします。

アプリ連携

アプリが連携されると自動的に「Microsoft Excel」でファイルが開かれ、編集が可能となります。ファイルを保存したい場合は右上の「戻る」ボタンをタップします。上書き保存が終わると自動的に「Dropbox」に遷移します。

上書き保存

「Dropbox」と「Microsoft Office」を連携させることで格段に便利になります。Microsoft アカウントを持っていれば誰でも無料で使える機能なので設定しておいて損はないでしょう。また、「Word」や「PowerPoint」についても編集可能なので必要に応じてインストールしておくと良いかと思います。

Microsoft Word

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(2015/06/25 19:15時点)
Microsoft PowerPoint

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(2015/06/25 19:15時点)