コトノバ

【Mac】解凍したZIPファイルを自動的にゴミ箱に移動する方法

【Mac】解凍したZIPファイルを自動的にゴミ箱に移動する方法

ZIPファイルをダブルクリックすると、自動的に起動して解凍してくれるアーカイブユーティリティですが、解凍後に残ったファイルをいちいち削除するのが面倒だったりします。そんなときは、解凍後の処理を「アーカイブをゴミ箱に入れる」に変更しておけば、解凍後、そのままゴミ箱へ移動してくれるので便利です。

解凍したZIPファイルをゴミ箱に直行させる

「Macintosh HD」>「システム」>「ライブラリ」>「CoreServices」>「Applications」の順に移動して「アーカイブユーティリティ」を開きます。

アーカイブユーティリティ

メニューバーから「環境設定」を開き、「展開後」の項目を「アーカイブをゴミ箱に入れる」に変更します。

環境設定

「アーカイブユーティリティ」を見つけるのが面倒ですが、一度、設定しておけば、メンテナンスフリーです。解凍した圧縮ファイルを手動で削除している人は設定しておくと便利かと思います。