コトノバ

iPhoneやiPadのバックライトが眩しいときに使える便利ワザ

iPhoneやiPadのバックライトが眩しいときに使える便利ワザ

就寝前などの暗いところでインターネットを閲覧したり、電子書籍などを読んでいると、バックライトの明かりが強すぎて眩しいと感じるときがあります。そんなときに覚えておきたい便利なTIPSを紹介します。

iPhoneやiPadのバックライトが眩しいときに使える便利ワザ

まず、iPhoneやiPadの明るさを調整するには、「設定」>「画面表示と明るさ」からおこなうか、コントロールセンターから行います。

iPhoneやiPadの明るさを調整

もっとも暗い状態にしても眩しく感じる場合は、「色の反転」を使いましょう。まず、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」> ホームボタンのトリプルクリック :「色を反転」を選択します。

ホームボタンのトリプルクリック

あとは、マルチタスク画面を表示させる感覚で、ホームボタンを素早く3回押すだけです。

ホームボタンを素早く3回押す

すると、下図のように画面の色が反転します。暗いところで試すとわかりますが、背景の白い部分が黒くなったことで、画面の眩しさが軽減されます。

色を反転-テキスト

写真も下図のように反転してしまうので、閲覧には不向きですが、電子書籍のように白黒の文字であれば問題なく読むことができます。

色を反転-写真

以上、iPhoneやiPadのバックライトが眩しいときに覚えておくと便利なTIPSでした。周りへ光を漏らしたくないときなどにも便利な機能かと思います。