コトノバ

iPhoneにぴったり壁紙を標準写真アプリで作成する方法

iPhoneにぴったり壁紙を標準写真アプリで作成する方法

iPhoneに最初から入っている純正アプリの一つである写真アプリ。このアプリの写真編集/加工機能を使って、画面ぴったりの壁紙画像を作成する方法を紹介します。

ぴったり壁紙を標準写真アプリで作成する方法

まず、壁紙にする写真を開き、「編集」をタップします。※ 壁紙に使用する写真は、iPhoneの画面サイズ(iPhone6であれば、1334×750以上)より大きいものを使用するとキレイな壁紙を作ることができます。

壁紙にする写真を開き、編集をタップ

次に「編集」マークをタップし、写真の向きを調整します。

編集マークをタップし、写真の向きを調整

上図の編集マークをタップすると下図のように編集メニューが表示されます。下図、赤枠のマークをタップすると、写真の向きを変更することができます。

写真の向きを変更

写真の向きが決まったら「トリミング」マークをタップします。

トリミングマークをタップし、写真をトリミング

「トリミング」マークをタップすると、トリミングするアスペクト比が表示さるので、自分のiPhoneにあったアスペクト比を選択します。

アスペクト比の選択

なお、iPhone/iPadのアスペクト比は以下のとおりです。

機種 アスペクト比(縦横比)
iPhone3 3 : 2
iPhone4 3 : 2
iPhone5 16 : 9.0141
iPhone6 16 : 8.9955
iPhone6 Plus 16 : 9
iPad/iPad mini シリーズ 4 : 3

アスペクト比を選択すると、下図のようなプレビューが表示されます。写真をタップすると、トリミング位置を指定することができます。

トリミングのプレビュー

最後に右下にあるチェックマークをタップすると、写真がトリミングされます。

壁紙完成

以上、iPhoneにぴったり壁紙を写真アプリで作成する方法でした。気に入る壁紙がなかなか見つからないという人は、オリジナルの壁紙を作ってみてはいかがでしょうか。慣れれば簡単に壁紙を作れますので、ぜひ、お試しください。