コトノバ

iTunesのデータを外付けハードディスクに移動する方法

iTunesのデータを外付けハードディスクに移動する方法

使っているうちにどんどん容量が大きくなってしまうiTunesのデータ。知らぬ間にMacの内部ストレージを圧迫していた!という人も多いのではないでしょうか。そこで今回はiTunesのデータをまるごど外付けハードディスクに移動して内部ストレージの空き容量を増やす方法を紹介します。

iTunesのデータを外付けハードディスクに移動する方法

「Macintosh HD」>「ユーザ」>「ユーザ名」>「ミュージック」にアクセスして、iTunesのデータを外付けハードディスクにドラッグ&ドロップしてコピーします。

データのコピー

コピーが完了したら、キーを押しながらiTunesを起動しましょう。すると、ライブラリの選択ウインドウが表示されるので「ライブラリを選択」をクリックして、コピーした外付けハードディスクのiTunesフォルダを選択します。

ライブラリの選択

これで設定は完了です。音楽などを再生して問題なくデータが読み込まれればOKです。あとはMac内の「iTunes」を削除して内部ストレージの空き容量を増やしましょう。

音楽や動画、iPhoneのアプリデータなど使っているうちにどんどん容量が大きくなってしまうiTunesのデータ。Macの空き容量が少なくなってきたという人はごっそり外部ストレージに移動してみてはいかがでしょうか。