コトノバ

16GBで足りる?やっぱり64GB?失敗しないiPhone容量の選び方

16GBで足りる?やっぱり64GB?失敗しないiPhone容量の選び方

iPhone6/6 Plusには、16GB、64GB、128GBの3つのモデルがあります。モデルによって価格も大きく変わるため、容量選びに慎重になる人も多いことでしょう。そこで今回は、購入後にiPhoneの容量が足りない!とならないように容量選びのポイントとなる目安を紹介します。

最初に注意しておくこと

iPhoneの場合、iOSが端末容量を大きく占有しているため、実際に使用できる容量は、公表されている容量より10〜25%ほど少なくなります。一番安い16GBモデルの場合、実際に使える容量はおよそ12GBとなりますので、まるまる16GBを使う予定で購入すると、容量が足りないということになってしまいます。

モデル 実質容量 割合
iPhone6/6 Plus 16GB 約12GB 75.0%
iPhone6/6 Plus 64GB 約56GB 87.5%
iPhone6/6 Plus 128GB 約114GB 89.0%

データ容量の目安

一番、重要なのはどれくらいのデータを入れたいのかということです。まずは、以下のデータ容量の目安アプリ容量の目安を参考に計算しましょう。

種類 8GB 16GB 64GB
VGA動画(640×480) 約3時間25分 約7時間03分 約26時間
HD動画(1280×720) 約1時間30分 約3時間10分 約12時間50分
フルHD動画(1920×1080) 約37分 約1時間15分 約5時間
写真(3264×2448) 約2,940枚 約5,940枚 約22,460枚
写真(1920×1080) 約13,410枚 約27,080枚 約82,320枚
音楽(MP3 128kbps) 約2,048曲 約4,096曲 約16,384曲
自炊した小説(270ページ) 約124冊 約265冊 約998冊
自炊した漫画(190ページ) 約66冊 約132冊 約531冊
自炊した雑誌(150ページ) 約53冊 約108冊 約435冊

※ 自炊した小説、漫画、雑誌についてはスキャンの画質などにより大きくファイルサイズが変動する可能性があります。

アプリ容量の目安

ソーシャルメディア LINE 65.2MB
Facebook 54.7MB
Messenger 47.6MB
Twitter 42.4MB
ゲーム パズル&ドラゴンズ 44.9MB
クラッシュ・オブ・クラン 55.5MB
FINAL FANTASY Ⅴ 143MB
ドラゴンクエストⅧ 1.39GB
仕事効率化 Evernote 61.2MB
Pocket 25MB
Dropbox 63.9MB
GoodReader 46.2MB

iPhoneに入れたいデータ容量が計算できましたら、計算した値を下表に当てはめてモデル選びの参考にしましょう。※ 選ぶ容量がギリギリすぎるとiOSのアップデートができない!なんてこともありますので、注意しましょう。

使用予定の容量 選ぶモデル 実際の容量
〜8GB 16GB 12GB
8GB〜50GB 64GB 56GB
50GB〜 128GB 114GB

おまけ : データ通信の目安

iPhone本体のデータ容量とは関係ありませんが、プラン選びの参考にデータ通信の目安を紹介します。

プラン 2GB 5GB
メール送受信 およそ4,180通 およそ10,450通
ニュースサイトの閲覧 およそ6.980ページ およそ17,450ページ
動画視聴 およそ9時間 およそ22時間30分
音楽ダウンロード およそ500曲 およそ1,250曲

※ 上記、目安はメール送受信1通あたり500KB、ニュースサイトの閲覧1ページあたり300KB、動画視聴1分あたり4MB、音楽のダウンロード1曲あたり4MBを前提にしています。

利用スタイルに合わせて最適なモデルを選ぶことでiPhoneの購入代金を抑えることができます。相当な音楽や写真、動画データを持っている人でない限り16GBで十分かと思います。