コトノバ

【iPhone】Safariと1Passwordを連携させ自動ログインできるようにする方法

【iPhone】Safariと1Passwordを連携させ自動ログインできるようにする方法

iPhoneのSafariで開いたページにアカウント情報を入力するには「1Password」のブラウザで開きなおす必要がありますが、ちょっとした設定を行うことでSafari上で利用できるようになります。スムーズにログインIDやパスワードを入力できるようになりますので、ぜひ、お試しください。

Safariと1Passwordを連携させ自動ログインできるようにする方法

1Password

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(2015/04/03 23:20時点)

ログイン画面などで「共有ボタン」をタップし、アクティビティの中にある「その他」を選択します。

共有ボタン

アクティビティ一覧が表示されますので「1Password」をオンにします。をドラッグすると表示順を変更できます。

アクティビティ

すると、共有ボタンのアクティビティに「1Password」が表示されますので、タップします。

1Password

1Passwordが起動するので、ロックを解除すると候補が表示されますのでタップします。すると、登録されているIDやパスワードが自動挿入されます。

自動ログイン

iCloudのキーチェーン機能を使えば、アカウント情報やパスワードをiPhoneとMacのSafari間で共有することができますが、コンピュータのメインブラウザがChromeやFirefoxなどの場合、パスワードの共有できません。そんなとき1Passwordを使えば、異なるブラウザ間でもログイン情報などを共有&管理することができるので便利です。

1Password

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(2015/04/03 23:20時点)