コトノバ

【Mac】iPhoneやiTunesの楽曲を音質劣化なしで均一の音量にしてくれるアプリ『iVolume』

【Mac】iPhoneやiTunesの楽曲を音質劣化なしで均一の音量にしてくれるアプリ『iVolume』

iTunesやiPhoneで音楽を聴いているときに、楽曲の音量レベルが小さいと思って音量を上げたら、次の曲では大きすぎる…なんて経験をしたことがある人は多いはず。iTunesやiPhoneには「音量の自動調整」機能が標準で備わってますが、オンにすると音質が劣化し、音量も小さくなってしまいます。そこでおすすめしたいのが今回紹介する「iVolume」。本ソフトは音質を劣化させることなく、音量のバラつきを均一に調整することができます。

iVolumeが出来ること

  • 簡単な操作で音量調整ができる
  • 楽曲やアルバムごとに個別に音量調整することができる
  • 再エンコードしないので音質が劣化しない
  • iPhoneやiPad、Apple TVなどとも連携できる
  • Windows、Macの両OSで利用することができる

iVolumeの使い方

まずは、公式サイトよりソフトをダウンロードし、インストールしましょう。無料で使うこともできますが、音量調整中に度々ライセンス購入ウインドウが表示されますので、不便を感じる人は有償版にアップグレードすると良いでしょう。※ DRMで保護された楽曲には対応してません。

ソフトを起動し、左上の「スタート」ボタンをクリックすると音量調整が開始されますが、その前にiTunesの設定を確認しましょう。iTunesの「環境設定」を開き、「再生」タブにある「音量を自動調整」にチェックが入っていることを確認します。チェックが外れている場合はチェックを入れましょう。

iTunes設定

iTunesの設定が問題なければ、「アルバム認識」で「曲別に調整」と「アルバム別に調整」のいずれかを選択し、iVolumeの「スタート」ボタンをクリックします。複数のアーティスト、アルバムからプレイリストを作成し聴くことが多い人は「曲別に調整」を選択すると良いかと思います。

iVolume

音量調整が完了すると、下図のように「音量調整」の列に調整値が表示されます。個別に音量を調整したい場合は「音質調整」のスライダーを左右に動かします。

音質調整

全体的に音量を上げたい場合は「設定」からおこなうことができます。スライダーを左右に動かすことで音量を変更することができます。

iVolumeの「設定」

「コメントをiTunesに追加記入する」にチェックを入れておくと下図のように楽曲情報のコメント欄にiVolumeを実行した日付が入ります。

iTunesコメント

iVolumeで調整した楽曲をiPhoneに入れる

「iVolume」で調整した楽曲をiPhoneに入れるには、一度、iPhoneに入っている音楽をすべて削除する必要があります。iTunesでiPhoneを選択し、ミュージックにある「音楽を同期」のチェックを外して削除しましょう。

音楽の同期

「音楽を同期」のチェックを外すと下図のような確認メッセージが表示されますので、「削除」をクリックします。

削除

iPhone内の音楽がすべて削除されたら「音楽を同期」にチェックを入れて、iPhoneに音楽を入れます。

音楽を同期

音楽の同期が完了したら、最後にiPhoneで「設定」>「ミュージック」にある「音量の自動調整」がオンにします。

音量の自動調整

筆者のMacには1,000曲ほどの楽曲が入ってますが、10分ほどで音量の調整が終わりました。肝心の音量の調整も違和感を感じないレベルで調整されており、音質も標準の「音量の自動調整」よりクリアに聞こえます。

標準の「音量の自動調整」に不満を感じる人や音質にこだわる人は「iVolume」を導入してみてはいかがでしょうか。なお、Mac版についてはApp Storeで購入することもできます。

iVolume

カテゴリ: ミュージック
価格: ¥3,600(2015/04/08 18:56時点)